芸能・アイドル

観月ありさ主演「OLにっぽん」初回視聴率は8.3%

観月ありさ主演ドラマ「OLにっぽん」の初回視聴率が8.3%と、いきなり10%のラインを大きく割り込んだ→ranking

今年放送されたドラマの初回視聴率ランキングでは「恋空」の5.6%に次いで、ワースト2位だ→ranking

この数字は、今年の春、同枠で放送され、初回から最終回まで低空飛行を続けた上戸彩主演ドラマ「ホカベン」の初回8.8%(全10話の平均は8.2%)をも下回る→ranking

「OLにっぽん」は老舗商社の総務課を舞台に、コスト削減のため中国から送り込まれた研修生たちと、古い企業体質の中で仕事をしてきた正社員たちの困惑や衝突、心境の変化を描いていく作品[PRPORTER ヒロインのOL役を観月ありさ、海外アウトソーシングを進める担当者役を阿部サダヲが演じている。脚本は「OLにっぽん」と同枠で大ヒットを記録した「ハケンの品格」の中園ミホが担当→ranking

「ナースのお仕事」シリーズや「鬼嫁日記」、「斉藤さん」など、ハマると堅調な数字を取る観月ありさとのタッグで高視聴率を狙いに行ったものの、視聴者の反応は思惑とは大きくかけ離れてしまったようだPR]エイプ ネットでは「意外と面白かった」「働く意味を考えさせられる」と好意的な感想もあるものの、「キャストが悪すぎる」「この内容だと誰がやってもダメ」「中国モノを放送するタイミングが悪い」と、辛口の感想が目立つ印象だ→ranking

なお、今年放送された連続ドラマの初回視聴率の比較では、「OLにっぽん」の8.3%は「恋空」の5.6%に次ぐ低さ。低視聴率ドラマと揶揄された「ホカベン」の8.8%、「4姉妹探偵団」の9.2%、「学校じゃ教えられない!!」の9.9%より低いPRこれは観月もスタッフもがっくりきているのでは。最近の観月は、はまり役が多く、視聴率を取っている イメージが定着してきたところだっただけに、この大コケは彼女にとって痛い。見た人にとってはおもしろかったという意見も多数あるが、中国からの研修生というテーマに拒否を示し見なかったという意見も。通常、連ドラは初回の視聴率が高く、じわじわ下げていくパターンが多いが、スタートダッシュに失敗した形となった。 今後、果たして巻き返しはできるのか・・・。

観月ありさ画像1

観月ありさ画像2

観月ありさ主演「OLにっぽん」初回視聴率は8.3%

DVD 映像 PART1

DVD 映像 PART2

DVD 映像 PART3

| | コメント (17) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

芸能・アイドル